温活、デットクス、体質改善なら奥多摩スパ&エステティック アーユルヴェーダ・スパ・オージャス

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、古代インドを発祥の地とする4千年以上に渡って受け継がれてきた療法です。

サンスクリット語のアーユス(生命・寿命)とヴェーダ(科学・知識)の2つの単語からなり、「生命科学」という意味があります。

スリランカのアーユルヴェーダもこの療法で、インドと共に「トリ・ドーシャ理論」という考えによって治療が行われます。トリ・ドーシャ理論の「トリ」は、”3”の意味、「ドーシャ」は生命のエネルギーを意味し、ヴァータ(Vata)、ピッタ (Pitta)、カパ(Kapha)と呼ばれる3つの生命エネルギーを指します。

この3つのエネルギーから、一人ひとりの体のバランスや心の乱れなどを読み取っていきます。

アーユルヴェーダは、心と身体を一面的に捕え、心身のバランス(調和)をはかることにおもきをおき治療を行います。

アーユルヴェーダ哲学において「健康な状態」とは、心と体のバランスがきちんと整っていることで、心身を健康な状態に戻すためにさまざまな治療を施していきます。

アーユルヴェーダはWHO(世界保健機関)に承認されたれっきとした医術です。

スリランカのアーユルヴェーダ専門院では、資格を持った医師が必ずおり、患者さん一人一人に適応した治療を行っています。

アーユルヴェーダでは、体が疲れている、体質改善を行いたい、自分の体質を知りたいなど、さまざまな問題に答えることができます。

昨今の日本でもオイルマッサージなどの健康増進、美容法として、ヨガとともにアーユルヴェーダという言葉も聞かれるようにななってきました。テレビ、雑誌等でも特集が組まれアーユルヴェーダの旅としてインド、スリランカへのツアー企画も見受けられます。

元々、アーユルヴェーダとは単なる民間療法ではなく、はるか昔から精緻な体系と理論を備えたインド・スリランカに伝わってきた伝統医学です。

アーユルヴェーダの理論の大事な所(コンセプト)は「心身がともに健康な状態」を健康の基準として考え、心身のバランスが整う事を重要視しています。アーユルヴェーダでは、心身が健康な状態はどのように維持されるのか、また「どんな生活を行えば病にならないのか」といった予防医学の考え方を基本とし、心身のバランス維持と健康増進に焦点がおかれています。

アーユルヴェーダの治療法

例えば、西洋医学では喉の痛みや頭痛がある時、科学的に診断し医薬を使いますが、アーユルヴェーダ医学では、バランスが乱れているその人の環境や状況、過去の状態なども考慮して診断し、薬草やオイルなどを使って治療を進めます。

一人一人に最適な方法で自分自身の現在の状況や今までにかかった病気、毎日の生活の流れ、食事の嗜好なども重要な情報です。

アーユルヴェーダでは、患者一人一人のもつ体の健康と心の状態を診ることで、西洋医学よりも自然で優しい治療を受けること ができます。そのために患者一人一人の体質をしっかりと知るための問診が重視され、施術の最初には必ず専門ドクターとの問診が行われます。

温活、デットクス、体質改善なら奥多摩スパ&エステティック アーユルヴェーダ・スパ・オージャス

ドーシャとは

ドーシャはアーユルヴェーダの独特な概念です。

アーユルヴェーダの先駆者たちは物質界を支配する五個の元素が生命現象にも当てはまると考えました。

“ドーシャとは、サンスクリット語で「不純なもの、増えやすいもの、体液、病素、病気の発生に基本的なレベルで関係する要素、病気を引き起こす最も根本的な原因」などを意味し、 体液もしくは生体エネルギーを指す。その異常が「病気のもと」となるため、病素とも訳される。 3つのドーシャは、さらに15のサブ・ドーシャに分けられ、それぞれに場所と機能がある。

ドーシャは正常な状態では生命を維持し健康を守るエネルギーであるが、増大・増悪すると病気を引き起こす。 病気とは、15のサブ・ドーシャの機能の悪化による、トリ・ドーシャのバランスの崩れと考えられるが、

一般にヴァータの増大・増悪は呼吸器系疾患、精神・神経疾患、循環器障害を、 ピッタの増大・増悪は消化器系疾患、肝・胆・膵疾患、皮膚病を、カパの増大・増悪は気管支疾患、糖尿病や肥満、関節炎、アレルギー症状を引き起こすと考えられている。

ドーシャのバランスを崩す原因としては、体質、時間、日常生活、場所、天体が挙げられ、特に体質(プラクリティ)が重視される。 人間は個人により、先天的・後天的に各ドーシャの強さが異なり、性格や体質の違いとして現れる。 体質は個性であると同時に、その人の病気へのかかり安さも意味する。 アーユルヴェーダでは、各人の体質に合わせた食事、生活、病気の治療法があると考え、指導や治療を行う。”

「アーユルヴェーダ」wikipedia より引用

アーユルヴェーダ体質診断表

特徴 ヴァ―タ ピッタ カパ
体型 細身・不均等 中肉中背・均等が取れている 幅広で肥満・均等が取れている
体重 痩せやすい 痩せやすい・太りやすい 痩せにくい・太りやすい
皮膚 乾燥・冷たい 明るい色・弱い油性・温かい・ニキビ 色白・しっとり滑らか・冷たい
いつも乏しい 暑いときに豊富に出る いつも中程度
乾燥・巻き髪・黒い 繊細・直毛・油性・白髪・若はげ 油性・光沢・太い・くらい
小型・細い・乾燥 中型・光沢・鋭い・油性 大きい・潤い・油性
食欲 不規則 旺盛 規則的
排便 不規則・便秘 大抵規則的・緩い 規則的・遅い
気候 暖かさを好む 冷たさを好む 変化を楽しむ
スタミナ 乏しく精を出し過ぎる 中間・競争事等に努力する 豊富・努力を惜しみやすい
睡眠 不規則・浅い 入眠は容易で起床も容易 入眠は容易で起床は困難
話し方 お喋り・無目的 論理的に話す ゆっくり注意深く話す
性格 怖がり 怒りやすい 平和的・執着心
記憶力 覚えが早くすぐ忘れる 覚えが早く忘れない 覚えが遅く忘れない

▲PAGE TOP